愛犬の命を救うために!カルドメックでフィラリア予防

フィラリアの脅威

身体がかゆい猫

カルドメックについて紹介する前に、まずはフィラリアがどのような寄生虫かを紹介していきます。
症状を早期発見できれば命に関わることもないので、フィラリアの恐怖と、その症状を正確に理解しておきましょう。
フィラリアは蚊を媒介に感染する寄生虫です。蚊がフィラリアに侵された動物の血を吸った際に、血液と一緒にフィラリアの幼虫も吸ってしまいます。
そのまま健康な犬の血を吸うと、その際にフィラリアの幼虫が体内に入ってしまい、新たなフィラリア感染が発生するのです。
ペットが蚊に刺されないように対策を建てるのは難しいです。特に外飼いであったり、散歩であったりで家から出ることが多い犬はフィラリアに感染するリスクがかなり高いので、カルドメックで事前に予防しておきましょう。
カルドメックを使用してれば、フィラリアのリスクは非常に下がります。

フィラリアは心臓にや肺動脈などの血液の循環に関わる部位に寄生しますので、さまざまな症状を引き起こします。
咳や呼吸が苦しくなるなどの呼吸器型の症状から始まり、食欲不振やお腹の膨張、赤い尿などが見られます。
もしもこれらの症状に気づいた場合は直ぐに病院に行ってください。カルドメックはあくまで予防薬なので、一度寄生されてしまうと使うことができない場合があります。
もし症状に気づかずに、そのまま放置しているとある日突然死してしまうこともあります。
さらに多頭飼いの場合は他の動物にも感染がどんどん広がっていきかねませんので、命を守るためにも、感染拡大を食い止めるためにも、必ず早期発見早期治療を行いましょう。
もちろんカルドメックで予防するのがベストですね。